キャセロールで美味しいご飯の炊き方

2018年11月12日


キャセロールを使ったご飯の炊き方をご紹介します。

もともとは海外仕様の日本製の炊飯器を使っていたのですが、10年目で壊れてしまいました。
買い替えも考えましたが、炊飯器を出したり、コンセントにつないだり、部品を洗ったり・・・といった手間を省けないかと考えました。

鍋で炊いたり(「おわりに」で後述しています)もしましたが、今では、キャセロールが一番おいしく炊けるようです。
キャセロールだと、毎回、きれいに炊けます。

子供たちも大好きだし、炊き込みご飯、すし飯、赤飯も大丈夫です。
残ったご飯をレンジで温めなおしても、チャーハンにしても美味しいです。

 

キャセロールで美味しいご飯を炊く方法

我が家のキャセロールは(ノンブランドです)サイズが20cmです。
ここに3カップ分(600ml)の米を入れて研ぎます。

もう常識ですが、米研ぎで大事なポイントは、始めの1・2回目の水はすぐに捨てることです(10秒ぐらいで)。
水を入れて、全体をざざっーとかき回したら捨てます。

2回目の水を捨てたら、米を軽くこすり合わせるように優しく洗います。
そこに水を入れてかき混ぜ、濁った水を捨てます。
こすり洗いは2~3回程度です。

 

最初の水を入れたまま放っておいたり、もたもたしていると「ぬか」臭いご飯に炊きあがってしまいます。
手早く研ぐことで、すっきりしてつやのある美味しいご飯が炊けます。

洗い終わって水を捨てたところで、600mlの水を入れます。
同量(1:1)なので覚えやすいです。

そして、米に水を吸収させるため、そのまま30分以上置きます。

 

30分以上たったら炊き始めます。

1. 鍋を中火にかけます。

我が家のコンロは、

・大サイズ×1
・中サイズ×2
・小サイズ×1

の4つです。
キャセロールで炊飯をする場合、この中の「中サイズ」を使っています。なぜなら「中サイズ」の「中火」が、ちょうどまんべんなくキャセロールの底全体に火が行き渡るからです

コンロのサイズが小さすぎると生煮えになるし、大きすぎると焦げてしまう可能性があります。

 

大体9~10分ぐらいするとふつふつと沸騰してきます。
沸騰するまで気をつけてみていないといけません。
(タイマーを8分ぐらいセットしておくのも手です)

 

2. ふつふつと沸騰していることが確認できたら、弱火にします。

弱火にしたら、タイマーを「12分」にセットします。

ここからは出来上がるまで蓋を開けてはいけません。
なぜならスチーム(蒸気)が手伝ってご飯を美味しくするからです。

 

ここまできたらもう簡単です。
美味しいご飯をたけたも同然です笑。

 

タイマーが「12分」を知らせたら、火を止めます。
ここでもまだ蓋を開けてはいけません。

 

3. さらにタイマーを「10分」セットします。

これを「蒸らし」といいます。

タイマーが終了を知らせたら、出来上がりです。
ここで蓋を開けても大丈夫です。
しゃもじで底からふっくらと混ぜます。

 

写真のように炊きあがっていたら成功です。
成功している炊き上がりは、お米がふっくら・つやつやして立っています。

炊き上がったご飯の表面に、くぼみが数か所できることがありますが、それも成功を知らせるサインです。
お釜の底の「お焦げ」が好きな人もいますが、この分量だと焦げません。

こびりつかないので、底の部分のご飯まできれいに食べることができます。

 

もし、沸騰する瞬間を見逃してしまって、中身がボコボコになってしまったら、その分のだけ「弱火の12分」から減らしてみてください。

 

鍋でご飯を炊いていたときも、米と水の分量を「1:1」にして炊いていました。
ただ、鍋の直径がキャセロールよりも小さいので、こちらは小さいサイズのコンロを使って、同じ調理時間で炊飯します。

鍋で炊飯

 

おわりに

普通のお鍋でも美味しく炊けるのですが「土鍋で炊くと美味しい」という記事をあちこちで読んだので、日本へ里帰りしたときに「炊飯土鍋」を購入するつもりでいました。

ところが2年ぶりの日本だったので、興奮して買い物をし過ぎて土鍋を購入してもスーツケースに収まらない事態に。

このほかに、SAL便2つ、船便3つ(買いすぎ笑)を送ったにも関わらず・・・入りませんでした・・・。
そのため土鍋は泣く泣く断念することにしたのです。

帰りのフライトで雑誌をめくっていたら「STAUB(ストウブ)」の広告が目にとまりました。

キャストアイロン(Cast Iron)のキャセロールでお米が美味しく炊けるとのこと。
写真のご飯もとても美味しそうです。

帰宅してさっそく、Amazonで試しにノンブランドのキャセロール(ストウブではなく笑)を購入しました。

キャセロールだったらどれでも美味しく炊けると思います。
ストウブでも、ルクルーゼでも。