日本の書籍をイギリスで処分したい!より高く売りたい!

2018年11月12日

日本から遠く離れたイギリスにいると、日本の本って貴重ですよね。

日本からわざわざ高い送料を払って注文したり、スーツケースに詰め込んで運んできたり・・・。

けっこう面倒な思いをして手に入れていますよね?
それなのに、今度は、読み終わったら読み終わったで処分に困ったり・・・。

そんなとき、私はこんな風にして処分をしています。

 

日本の書籍をイギリスで処分!できれば売りたい!

不要な日本の書籍は、知り合いにあげたりすることもできます。
でも、その知り合いが読まないジャンルということもあります。

そんなときは、

1. 近所のチャリティショップで引き取ってもらう
2. 補習校や日本人グループに寄付をする
3. オンラインの古本店を利用して処分する
4. リサイクルゴミとして処分する
5. Amazon.co.ukで売る
6. eBayで売る

この5つに分かれると思います。
それぞれ、詳しくみていきます。

 

1. 近所のチャリティショップで引き取ってもらう

最近のチャリティショップでは、日本の本を受け付けてくれるところが多いです。

 

2. 補習校や日本人会といったグループに寄付をする

定期的にバザーのようなイベントを行っていることが多いです。
そのときに一緒に販売してもらいましょう。
(あらかじめ確認してからがおすすめです)

 

3. オンラインの古本店を利用して処分する

イギリス国内を拠点とした日本の古本専門店なら引き取りを行ってくれます。

利用方法は、
1. 本を箱詰めして書店に郵送
2. 届いたら買取価格のお知らせがくる
3. 価格に満足なら支払い、そうでない場合、本が返送される

という、日本での中古本買取システムと同じです。
でも、買取価格があまり魅力的ではないことがほとんどです。

 

4. リサイクルゴミとして処分する

リサイクルセンターに持って行って「紙類」として処分します。

 

5. Amazon.co.ukで売る

Amazon.co.ukでは、最近、日本の書籍も取り扱っています。
該当のタイトルを探して、リストしておけば売れる可能性があります。
急いで処分するのでなければ、おすすめです。

 

5. eBayで売る

こちらも急ぎでなければおすすめの処分方法です。

「eBay」内で検索してみると分かるのですが、日本の本を出品している人や購入する人が結構います。

書籍を探している日本人はもちろんのこと、日本語が分かるイギリス人、日本語を勉強しているイギリス人が購入します。

 

eBayで日本の書籍を出品するコツ・方法

eBayで出品のするときは「タイトル欄」に、

・Japanese book
・novel
・bunko

といった文言を入れると、日本の本を探している人の検索に引っかかりやすくなります。
当然ながら、
・「Miyuki Miyabe」
・「Keigo Higashino」
といった作家名は入れた方がいいです。

さらに、

「Japanese Bunko Miyuki Miyabe 我らが隣人の犯罪 宮部みゆき」

のようなタイトルにすると、日本人の注目をひきやすいです。

普段から「日本の本をeBayで購入したい」と、検索条件を登録している日本人の方がいるようなので、こういったアピールは有効です。

私も過去に、日本の本を200冊近くeBayで処分しましたが、全部売れました。
(数回のオークションになりましたが)
小説、子供の絵本、日本語のDVD(大人・子供用どちらも)早く売れる傾向にあるようです。

私のような地方在住の日本人は、eBayをかなり活用していると思いますよ。